漫画全巻大人買いできる幸せ!

あしたのジョー 全巻

あしたのジョー を全巻まとめ買い、大人買いして一気に読みましょう!


あしたのジョー [文庫版]
古本 全12巻セット
価格:7,980円(税込) (新品定価:8,316円(税込) 定価差額:-336円




【中古DVD】あしたのジョー COMPLETE DVD-BOX
価格:39,800円(税込) (新品定価:50,000円(税込) 定価差額:-10,200円
監督: 出崎統(巨匠演出家・出崎統の出世作)

声の出演: あおい輝彦・藤岡重慶・仲村秀生
メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント



作者 : 高森朝雄 / ちばてつや
出版社 : 講談社
版型 : 文庫版
連載雑誌: 週刊少年マガジン

あらすじ:
東京のとあるドヤ街に、ふらりと一人の少年が現われた。
矢吹丈(ジョー)と名乗るその少年に一方的に叩きのめされたアル中の元ボクサー・丹下段平は、その動きから天性のボクシングセンスを見出し、一流のボクサーに仕立て上げんと奮闘する。
しかしジョーは、ドヤ街の子供たちを引き連れて乱行を繰り広げた挙句、自分に向けられる段平の情熱を利用して犯罪に手を染め、少年院へと送られてしまった。
ある日、少年鑑別所のジョー宛てに、「あしたのために」の書き出しで始まる段平からの葉書が届く。
その内容は、左ジャブの打ち方から始まるボクシング技術の講義であった。
時間と体力を持て余していたジョーは、そのアドバイスに従ってボクシングの練習に身を入れるようになり、やがて自分のパンチの切れが、今までと比べ物にならないほど向上してゆくのを実感する。
野菊島の東光特等少年院にて、終生のライバル・力石徹との宿命の出会いを経て、ジョーは本格的にボクシングの道へと足を踏み入れることとなった。

概要:
講談社の週刊少年マガジンに、1968年1月1日号(発売日は1967年12月15日)から1973年5月13日号にかけて連載された。
『巨人の星』と並んで、梶原一騎のスポ根劇画の最高傑作として評価されており、現在においても日本漫画を代表する作品の一つである。
連載中の社会的反響は凄まじく、ジョーのライバルである力石徹が死んだ時には寺山修司によって実際に葬儀が行われ、よど号ハイジャック事件では、ハイジャック犯が「われわれは明日のジョーである」(原文ママ)と声明を残したことでも知られる。
単行本の売り上げ部数では現在の人気コミックに遠く及ばないが、前述の社会的反響の大きさから、戦後最大のヒット漫画の一つに数えられている。
オススメ漫画

漫画全巻

リンク

タグクラウド

マンガ まんが ガラスの仮面 カイジ 大人買い まとめ買い ドラゴンボール 購入 のだめカンタービレ 特典 セット 送料無料 のだめ マンガ
Yahoo!ブックマークに登録